だいきちメモリアル

ブログです

今更Perl

今更Perlなど学んでどうする?と多くの人が思われるかもしれないが、未だにPerlのお仕事がこの世には存在しているのです。

プログラマ経験も10年近くなると新しいプログラミング言語を学ぶのに殆ど時間など必要ありませんのでサクッと学んでやろうという意気込みです。*1

シンタックスレベルで学び、適当なライブラリやフレームワークを使ってなにかを作る程度という前提です、言語のコア実装に手を出すという話ではありません。)


さて、学ぶにせよ何の教材が良いのかさっぱり分からりませんでした。 とりあえずWEBで検索してみて日本語で情報がまとまっていそうなこちらを参考にREPLでPerlに触れてみました。

http://tutorial.jp/prog/perl/perlman.pdf

こちらのPDFでは本当に基礎の部分のみに焦点が当てられており、同時にソースコードリーディングしていたtokuhirom/AmonというWebアプリケーションのためのFrameworkを読み解くほどの情報は得られませんでした。

(クラス?関連、パッケージ・外部モジュールの利用方法についての情報は一切書かれていませんし、細々として言語機能もなし)

次に学ぶべきはやはり公式サイトからでしょうか?*2

perldoc.jp

チュートリアルの内容がしっかりしていて流石公式!といった佇まいですね。
この他にも開発におけるTipsなども満載で、ここに目を通すだけでPerlのお仕事は問題なくこなせそうな充実ぶりです。

これは読み進めるのが楽しみです。

*1:5年後にPerlが消えてなくなったとしても学んだ知識は形を変えて役に立つものです

*2:何故最初に公式へいかなかった!?